2010年4月、アメリカへ上陸!ワシントンD.C近郊でアメリカ人の夫と二人、新しい生活が始まりました。ここでの生活は、毎日がワクワク、ドキドキの連続です。
自らが探検隊長になって、楽しいこと、感動することをレポートして行きます♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
オンタリオ湖を見に行こう!
2014.10.11 Saturday AM

グッドモーニ〜ング!
まだまだナイアガラフォールズ旅行記続いてます。

昨日はナイアガラ滝に再会して感動を受けて一日中カナダサイドを中心にナイアガラの滝と川の観光スポットを回って、さて今朝は?!

先ずホテルから歩いてレインボウブリッジ近くのナイアガラ滝が見えるレストランで朝食を頂いてホテルをチェックアウト。ナイアガラ滝ともナイアガラ川とも今日でお別れです。

先ずは、昨日ここでランチもそして今朝も過ごしたThe secret garden。




食材がフレッシュで、観光地なので大きな期待をしてなかったことが良かったのか(笑)、思った以上に美味しかったので今朝もここへ来まし た。

私は本場のカナディアン・ベーコンを、ベイカリーやコーヒーも美味しくて満足でした。何よりカナダの人ってフレンドリー!お店の方ともゆっくり話ができて、これはどこへ行ってもそう感じました。



鉄人28号のようなオット。古い(汗)

朝はアメリカサイドから朝日を浴びるカナダサイドの滝周辺、公園も美しく整っていてワイルドなアメリカサイドとは違った趣。

少しヒンヤリする、でもこの辺りの紅葉は思ったより進んでなくちょうど緑と黄色と赤の3色がいい感じで入り混じった、もう1−2週間は十分紅葉を楽しめそうな感じでしたよ。





今日は一気にヴァージニアの家に帰るわけではなく中間地点、ここから4時間くらい車を走らせた辺りのホテルに1泊するので、逆算をして午後3時くらいまで出来る限りナイアガラを満喫♪

先ずは車をさらに北へ30分走らせ「ナイアガラ・オンザ・レイク」というカナダ側の小さな町へやってきました!





途中、ブドウ畑が広がっていて、カナダ最大のワインの産地だそうです。イギリス風の街並みでメインストリートには小物や雑貨のお店が並んでいるみたいでした。が、町にもお土産にも興味はなくて一直線に目的地へ向かいます。





ナイアガラの滝は”五大湖/The Great Lake"の2つ、エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川の途中にあるのがナイアガラの滝。本当は両方の湖を見に行きたかったけれど今回は一つだけ。ナイアガラ川の河口オンタリオ湖に会いここを訪れました。

五大湖では2番目に大きくて四国4県がすっぽり入るらしく海のようでした!





向こう岸にかすかにトロントの町も見えました。
ちなみに五大湖の中で一番大きいのはスペリオル湖でこれは北海道の面積よりも大きいそうです。凄いですね!

国が大きいのであそこへここへもと行ってみたい場所は果てしなく続きます。





ナイアガラ川のちょうど中心辺りがアメリカとカナダの国境になっているので河口も2国、オンタリオ湖も2国に分かれています。アメリカサイドには、”フォート・ナイアガラ・ニューヨーク州立公園があって、ここからもこの景色を見ることも出来ます。

私たちのスタイルとしては町を散策というより自然を散策が好きなので、本当はアメリカ側へ行きたかったけれど、川が国境となると橋もそう簡単には掛かっておらず。。。

アメリカの国旗が見えたので、アメリカサイド、

だと思う。


向こうに見えるアメリカサイドを未練がましく眺めながら.また次訪れることを夢見てここを後にしてまた、

ナイアガラフォールズへ〜。

長くなりそうなので一旦切りまーす。

続く♪


08:28 2014.10ナイアガラ滝 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
08:28 - - -
comment









この記事のトラックバックURL
http://kumkumchoco.jugem.jp/trackback/1492
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
DC今日の天気♪
Click for Washington, District of Columbia Forecast
SPONSORED LINK